カジノ アプリ 稼げるk8 カジノ国際基督教大学が「Arcserve UDP Cloud Hybrid」を導入 遠隔地バックアップでBCP対策を強化仮想通貨カジノパチンコオンライン ゲーム 無料 pc

カジノ アプリ 稼げるk8 カジノ国際基督教大学が「Arcserve UDP Cloud Hybrid」を導入 遠隔地バックアップでBCP対策を強化仮想通貨カジノパチンコオンライン ゲーム 無料 pc

カジノ シークレット au ウォレットk8 カジノ

キャッシュ バック と は arcserve Japan(以下、Arcserve Japan)は2020年8月27日、国際基督教大学(ICU)がクラウドバックアップサービス「Arcserve UDP(Unified Data Protection)Cloud Hybrid」を活用してBCP(事業継続計画)対策を強化したと発表した。

Arcserve UDPによるICUのバックアップ強化策とは?

 ICUでは2011年の東日本大震災をきっかけに、授業支援システム、教務システムなどを運用する学内システムの物理サーバを「VMware vSphere」による仮想化環境に移行した。2017年には、統合バックアップ/リカバリーソリューション「Arcserve UDP」がプリインストールされたバックアップ用サーバ「Arcserve UDP Appliance」を導入し、仮想化システム基盤(HCI)を構築。併せて、災害時のBCP対策として、同一基盤を校内の2箇所に構築し、学内システムを2重化した。

 その後、将来的に起こり得る大規模な自然災害に備えてさらにBCP対策を強化する必要があるとの考えから、クラウドによる遠隔地バックアップを検討。既にArcserve UDP Applianceを利用し、日々の運用に慣れ親しんでいたことから、Arcserve UDP Cloud Hybridを導入した。

Photo国際基督教大学(ICU)併せて読みたい関連記事テレワークのデータをクラウドでバックアップ Arcserveが3カ月サブスク版を提供開始NECがiStorageの新製品を発表 クラウドバックアップサービスも提供構築、運用の“手間なし”でシステムの可用性を強化#CmsMembersControl .CmsMembersControlIn {width:100%;background:url(https://image.itmedia.co.jp/images/spacer.gif) #DDD;opacity:0.05;filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.Alpha(Enabled=1,Style=0,Opacity=5);z-index:1;}続きを閲覧するには、ブラウザの JavaScript の設定を有効にする必要があります。仮想通貨カジノパチンコrugby championship news

コメントを残す