草 牟田 モリナガk8 カジノセキュリティ機関SANS Institute、フィッシング詐欺メールで個人情報流出仮想通貨カジノパチンコアナ 雪 フィーバー 7

草 牟田 モリナガk8 カジノセキュリティ機関SANS Institute、フィッシング詐欺メールで個人情報流出仮想通貨カジノパチンコアナ 雪 フィーバー 7

鬼 獄 の 夜 3 話k8 カジノ

新潟 市 10 円 スロット 米国のセキュリティ研究教育機関のSANS Institute(以下、SANS)は、フィッシング詐欺メールが原因で従業員のメールアカウントが不正アクセスを受け、個人情報が外部に流出したと発表した。

インシデントの詳細について伝えるSANSのブログ記事(出典:SANS)

 SANSによると、今回の問題は、2020年8月6日に判明したという。電子メールの設定やルールに関する体系的な検証の過程で、不審な転送ルールが見つかったため、インシデント対応プロセスを開始。結果、特定の個人のメールアカウントから、不審な外部のメールアドレスに多数のメールが転送されているのが見つかった。

 外部のメールアドレスに転送されていたメールは513通に上っていた。 一部には、メールアドレスや氏名、肩書、企業名、住所、居住国といった個人情報を記載したファイルが含まれていた。SANSは、およそ2万8000件の個人情報が流出したとしている。

 SANSは個人情報流出の被害者に関する詳細は明らかにしていない。ただし、インシデントレポートによれば、SANSが主催するセキュリティイベント「DFIR Summit & Training 」の参加者の一部が漏えいの影響を受けたとみられる。

1通のフィッシング詐欺メールが攻撃の引き金に#CmsMembersControl .CmsMembersControlIn {width:100%;background:url(https://image.itmedia.co.jp/images/spacer.gif) #DDD;opacity:0.05;filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.Alpha(Enabled=1,Style=0,Opacity=5);z-index:1;}続きを閲覧するには、ブラウザの JavaScript の設定を有効にする必要があります。仮想通貨カジノパチンコサッカー 日本 代表 スマホ で 見る

コメントを残す