頭痛は脳の血管が拡張し、神経を刺激することから起こると言われています。高血圧が血管に影響を与え、頭痛となり、慢性化し、偏頭痛へと至ることも考えられるのです。偏頭痛は高血圧のサインなのです。頭痛に悩んでいませんか?

血圧を測定する医者

血圧を下げるには?

血圧を測定する人

高血圧は日本に多くの患者がいる疾患の一つであり、その原因が明らかではないことがしばしばあります。
その多くは生活習慣に起因しているものであると考えられており、明らかな原因疾患がない場合には生活習慣の改善を促すことによって治療が進められていきます。
高血圧の恐ろしい点は自覚症状がないことであり、それゆえに気づかずに過ごしてしまう人も少なくありません。
そういった疾患でありながら、長期間にわたって放置を続けてしまうと動脈硬化を経て血管の閉塞などが起こり、脳卒中や心筋梗塞などを合併してしまう危険性があります。
そのため、血圧を下げるということは多くの人にとって重要性の高い取り組みとなります。
血圧を下げるために医療面では降圧剤が使用されるのが一般的であり、適切な薬剤を選択することによってガイドラインで目標とされている数値まで下げることが多くの場合には可能です。

もし偏頭痛が気になる方は、偏頭痛の薬を試してみるのもいいかもしれません。
しかし、これは根本的な治療ではなく、継続的に血圧を維持するためには薬を飲み続けなければならないという欠点があります。
そのため、生活習慣の改善によって血圧を下げるという試みが薬物治療と並行して行われていくことになります。
その方法として最も有用性が高いとされているのが減塩食の励行であり、食塩の摂取量を減らすことによってミネラルバランスに変化が起こり、血圧が正常に近づいていきます。
同様の考え方により、カリウムの摂取量を増やすことによっても同様の効果を期待する事が可能です。
日本においては味噌や醤油のような塩分の多い調味料が使われることが多く、それによって塩分の過剰摂取が起こりがちになっています。
また、食文化の変化によってカリウムが多い野菜の摂取量が減っている傾向があるのも事実です。
そのため、食生活を見直すことによって血圧を下げることができることが多いのが実情となっています。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ